禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

世の中の流れが禁煙に傾いてることは喫煙者の方はもちろん感じているでしょう。メリットはわかっているけど辞められない、どうすれば辞められるかわからない、喫煙を続けるデメリットは?などを始め、禁煙とその効果についてこちらで詳しく紹介します。

タバコを吸っていると生じる症状とは

喫煙イメージ

百害あって一利なしと言われるタバコですが、その言葉通り、タバコには人体に有害な物質が200種類以上も含まれています。
タール、ニコチン、一酸化炭素の他に、ホルムアルデヒドやヒ素も含まれており、その中の発がん性物質は、50種類以上にものぼります。
当然、がんを発病する可能性が高くなるわけですが、恐ろしいのはがんだけではなく、これらの有害物質は他の病気や症状も引き起こすことがわかっています。

  • 長期間続く咳やたん、息苦しさ
  • 味覚・嗅覚障害、歯周病
  • シワ、肌のたるみ、髪のパサつき
  • 不妊、生理不順などの不調
  • 肺気腫、肺炎
  • うつ病、心筋梗塞
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 脳梗塞、脳卒中
  • 糖尿病、動脈硬化
  • 肝炎、膵炎
  • 骨粗しょう症

この他にも数え切れないほどの病気の原因となります。
がんは、肺がんに限らず、咽頭がん、食道がん、膀胱がん、子宮頸がん、胃がん、乳がんなどを発症させる原因のひとつと考えられています。

妊娠しにくい体になる?

悩んでる人

女性は、不妊の原因にもなります。長期間妊娠しにくい、妊娠する確率が低いなどのデータ結果があります。特に肺がんは、非喫煙者に比べ、4.5倍のリスクがあるという研究結果が出ています。
他に、卵子の早期老化、卵巣機能の低下、早期閉経などが起こることがわかっています。
さらに、妊娠時に喫煙すると、流産や死産の確率が上がります。男性も不妊に影響します。精子の能力低下、精子の奇形、精子減少などのリスクが増します。
これらのリスクは、本人が喫煙者でなくても副流煙を受動喫煙することにより、増加します。例えタバコを換気扇の下で吸ったとしても、副流煙を防ぐことはできません。煙が換気扇に吸い込まれているように見えても、一部は部屋の中を漂うことになります。

副流煙にはカドミウムやベンツピレンといった有害物質が含まれています。同じ部屋にいる人は、この物質を吸い込むことになります。
また、喫煙者が喫煙中でなくても、吐く息からは有害物質が排出されることがわかっています。髪や服に付着した煙も同様です。小さな子供に顔を近づけただけで、その子供は喫煙者の息や髪、服から出た有害物質を吸い込むことになります。
まだ体が未発達な子供にとって受動喫煙の影響は大きく、気管支炎、小児ぜんそくなどの呼吸障害を始め、肺炎、中耳炎、小児がん、アトピー性皮膚炎、乳幼児突然死症候群(SIDS)、知能低下などの様々な症状をもらたす原因となります。

妊娠できても胎児に影響が出ることも

母親が妊娠中に喫煙した場合は、胎児が危険な状態に晒されるケースもあります。母親の喫煙本数に比例して、流産、早産の確率が上がるという研究結果が出ています。また、低体重児、発達障害児が産まれる確率が上がることも知られています。
産んでしまえば、喫煙できると考える人もいるようですが、授乳時に喫煙することで、母乳にニコチンが混ざります。乳児がニコチン入の母乳を飲むと、嘔吐や下痢などの中毒症状が現れることがあります。
父親も母親も、子供ができた時点でタバコをやめることが望ましいです。子供ができたせいでタバコを吸えなくなったという考え方ではなく、子供ができたおかげで禁煙するきっかけができたと前向きに考えましょう。

禁煙できない理由は依存症?

禁煙したいと思ってもなかなかできず、決心がすぐに揺らいでタバコを吸ってしまう。そんな人は、ニコチン依存症であると思われます。タバコに含まれるニコチンには、依存性があることはよく知られています。
タバコを吸うと、約7秒ほどでニコチンが脳内に到達し、ニコチン受容体に結合します。そして快楽物質であるドーパミンが大量に放出されます。
この快感はいつまでも持続するわけではなく、約1時間後には血中からニコチンがなくなるために効果が薄れ、また快楽を求めてニコチンを摂取したくなるのです。
意志が強固なものなら宣言したその場での禁煙も可能な気がしますが、ニコチン依存症はヘロインやコカインと同様に、自分の意志だけではなかなかやめることができない病気のひとつなので、一筋縄ではいかないのが現実です。

禁煙できない理由は、タバコへの精神的依存も関係しています。タバコを吸うことで気分が落ち着くという経験を繰り返すうち、それが習慣化してしまい、タバコなしでの気持ちの落ち着け方がわからなくなってしまいます
ニコチンが切れると以下のような症状が出ます。

  • だるさや眠気
  • イライラ
  • 口が寂しくなる
  • 集中力にも欠ける
  • 不眠
  • 頭痛

これがいわゆる禁断症状です。

では、どうしても禁煙できない人は、どうしたら良いのでしょうか。効果的な禁煙法はあるのでしょうか。まず、ニコチン依存性は病気ですから、病院での治療が可能です。「禁煙外来」がある病院を探し、定期的に通います。
医師が組んだプログラム通りに治療を進めていくことになります。
病院へ行く時間が持てない方は、電子タバコやニコレットなどの禁煙グッズが効果的です。電子タバコは電力により水蒸気を発生させるもので、ニコチンを含まないフレーバーもあり、喫煙の疑似体験を行うことで精神を安定させる効果を得られます。
また、火を使わず煙も出ないので、周囲への副流煙の心配がありません。

ニコレットはどんな禁煙グッズ?

ニコレットは、ニコチンが含まれるガムで、4種類のフレーバーがあります。ニコレットは「ニコチン置換療法」により、徐々に禁煙に導きます。タバコを吸うという方法以外にニコチンを摂取する「置換」により、禁断症状を緩和する効果を得られ、ニコレットがあればすぐにタバコが止めれると評判です。
ニコレットはドラッグストアや薬局などで気軽に購入でき、自分のペースで進められます。使用方法もごく簡単です。ニコレットを口に含んでゆっくりと噛み、頬と歯茎の間にしばらく置くという動作を30分~60分繰り返したのち、捨てるだけです。
ニコチンが口の粘膜から吸収されていきます。この吸収の速度は、喫煙したときに比べ緩やかなものとなっています。
タバコを吸いたくてたまらないという禁断症状が現れるたびにニコレットを噛むようにし、イライラや集中力の低下といった離脱症状を緩和させます。
そして、症状を見ながら段階的にニコレットの量を減らしていきます。無理なく進めることで、より確かな効果を得られます。
自分の意志だけで禁煙しようとしても続かず、喫煙を再開してしまい、毎回落ち込むということを繰り返している方は、このような禁煙サポートグッズを取り入れてみてはいかがでしょうか。

禁煙であなたの10年後の未来は変わる

数々の病気、肌や髪、歯への影響、生殖能力の衰退など、あらゆるリスクを理解していても、禁煙が難しいことがあります。それほど依存性が強いのがニコチンの特徴です。

タバコを吸っていた人が元の健康な状態に戻るのは、10年以上掛かると言われています。肺がんのリスクが低下し始めるのは、禁煙して約5~9年後と言われています。
さらに、非喫煙者と同じくらいにまで肺がんのリスクを下げるには、10~15年ほど必要だと言われています。テレビなどで、喫煙者の真っ黒な肺を見たことはないでしょうか。どす黒く、タールがこびりついて恐ろしい姿になっています。
それが、ある程度ピンク色の肺になるまで、10年を要するということです。
もちろん、何年喫煙していたか、一日に何本吸っていたかでも個人差が出ますが、10年掛かるものの、元の健康体に近い状態まで戻ることは可能だということです。10年後にリスクが減少するということは、10年後は喫煙による症状も軽減しているはずです。
咳や痰はもちろん、呼吸障害もなくなり、肌の不調や髪のパサつきもなくなっていることでしょう。歯についたヤニも、薄くなっているかもしれません。体が軽くなった分やりたいことをやれますし、体が健康でいられれば精神的にも健康でいられます
その頃にはタバコを吸いたいという気持ちがまったく湧かないかもしれません。完全にニコチンと決別できたということになります。

喫煙を続けていずれ後悔する前に

後悔中の男性

10年前に禁煙しなければ、とうに病気になって病院にいたかもしれません。肺はタールで真っ黒に変色し、寿命はもちろん縮んでいたことでしょう。
自分だけではなく、周囲の人にも病気になるリスクを与えてしまうのですから、禁煙による成果は自分1人のものではありません。髪や衣服についた有害物質を撒き散らすことなく、クリーンな空気の中で過ごすことは、周囲の人を守ることにもなるのです。
10年後に自分と、自分の大切な人たちが笑っていられるよう、思い切って禁煙にチャレンジしましょう。しかし、目標を10年後と定めてしまうと、そのあまりの遠さに嫌気がさしてしまうかもしれません。まずは一週間、ニコレットなどを使い、無理なく進めてみしょう。目標を短く定めることで、精神的な負担も少なくなり、より効果を得られます。

健康でいつづけるために今できること、それは禁煙!

喫煙は、健康面だけではなく、美容面にも大きな影響を与えます。特に顕著に現れる症状は肌荒れです。喫煙が肌荒れを引き起こすことは、科学的に証明されています。
喫煙することで一酸化炭素が体内に送りこまれ、血液中のヘモグロビンが一酸化炭素と結合し、酸素不足になります。すると血液の流れが悪くなり、顔色が悪くなって老廃物も排除されにくくなります。肌に悪いものが溜まるわけですから、肌荒れやシワ、くすみなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。
また、髪にも悪影響があります。タバコをやめたら髪がきれいになったという声をよく耳にします。髪質だけではなく、抜け毛が減ったという声もあるようです。これは、喫煙により、多くのビタミンCが奪われることと、血流が悪くなることに関係していると考えられます。
さらに、美容でもっとも大切な歯も、喫煙により悪影響を受けます。一度歯についたヤニはなかなか消えず、白い歯とはほど遠くなる上、歯周病にもかかりやすくなります。
このように、健康面だけではなく、美容面にも影響するタバコは、やはりきっぱりとやめることが賢明です。
これを見てなんとしても禁煙をしたい!と思った方へ、確実な禁煙をするならチャンピックスを利用することをおすすめします。チャンピックスを継続利用した方の禁煙成功率は9割を越えており、非常に高い評価を受けています。喫煙を続けることは身体に健康被害をもたらすことに直結していますので、この記事を見た機会に禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか?

禁煙成功の難しさと達成感

なかなか実現しなかった禁煙をとうとう達成できたとき、あなたの人生はどう変わるでしょうか?まずは、体が楽になったことを実感できるでしょう。
呼吸が楽になり、走っても息が上がりにくくなり、咳も治まってきます。日々、健康を実感できるようになるのではないでしょうか。ボロボロだった肌は徐々にきれいになり、ヤニがついていた歯も白くなり、歯周病のリスクも減ることでしょう。
毛髪は健康的な艶が蘇り、食べ物は美味しく感じるでしょう。何より、病気のリスクが大幅に減少することになります。病気を避けられるということは、もちろん寿命も延びることになります。自分だけではなく、周囲の人の健康、寿命にも大きく影響します。
肺疾患は患うととて恐ろしいものです。吸っても吐いても呼吸できなくなるという状況を、想像してみてください。とても辛く、患者さんの中にはいっそ死にたいと言い始める人もいるようです。
そんな辛い状況に置かれないためにも、できるだけ早く禁煙にチャレンジすることをお勧めします。

寿命は誰にも決められるものではありませんが、リスクを減らすことで確実に延ばすことができます。タバコは、1本で寿命を14分縮めると言われています。タバコ1箱では4.5時間の寿命が縮まることになります。
逆に考えれば、その1本のタバコを吸わなければ、14分分の命を延ばせることになります。また、若いうちに禁煙することで、より回復に効果を得られ、寿命を10年延ばせることもわかっています。
禁煙はとても辛いもので忍耐力が必要ですが、病気になって苦しい思いをしながら短い寿命を終えることを考えれば乗り越えられるものです。

禁煙仲間を増やすことも成功のカギ

禁煙を成功させるには禁煙仲間を持つことも重要です。同じ悩みを持つ者同士が励まし合うことで、挑戦しているのは自分一人ではないと実感できます。「みんなで禁煙して、病気のリスクを減らそう」「健康で寿命を延そう」など、励まし合うことはなにより効果的です。
ネットで知り合った仲間なら顔は見えませんが、近隣の人や職場の人などで禁煙仲間を作れば「顔色が良くなって健康的になった」「肌や歯がきれいになった」などと褒め合えるものです。
日本人は特に仲間意識が強いですから、一人だけ脱落してはバツが悪いことになり、続けざるを得なくなるという効果もあります。
ニコレットなどの禁煙グッズを仲間同士で利用することもお勧めします。ニコレットはフレーバーの種類があるので、禁煙仲間の間で交換しても良いかもしれません。健康のため、寿命のため、仲間を作って頑張っていきましょう。
もしくじけそうになったら仲間同士励まし合ったり、ネットなどで禁煙に成功をした人の体験談などを見て、モチベーションを保つようにしましょう。自分の健康はもちろん、周囲の人、大切な人たちの健康も守るため、今すぐにでも禁煙を始めましょう。そして、生き生きと健康的な生活を送る10年後の自分の姿を想像し、実現させましょう。

禁煙効果に関する記事