禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

世の中の流れが禁煙に傾いてることは喫煙者の方はもちろん感じているでしょう。メリットはわかっているけど辞められない、どうすれば辞められるかわからない、喫煙を続けるデメリットは?などを始め、禁煙とその効果についてこちらで詳しく紹介します。

たばこ税は増税していく!禁煙するなら今!

禁煙イメージ

タバコの喫煙者は多いですが、購入するたびにたばこ税がかかっています。また税率に関しては徐々に上がっており、これからも上がっていくと推移されています。そのためたばこ税の値上がりをきっかけに禁煙を始めるという人もいます。 たばこ税の仕組みとしてはタバコを購入する時の値段自体に税金が含まれています。そのため本体価格に加えて税金が合わさった状態で販売されている為、具体的なたばこ税の金額と本体価格の割合は表示されないまま購入している人も多いです。 たばこ税の税率が上昇傾向の理由として嗜好品であるという点があげられます。嗜好品は使用するかは個人の自由であるということと、タバコの場合は健康に対して悪い影響を及ぼすと医学的にも証明されています。 実際に発がん性物質を含んでいることと呼吸器系に悪影響を及ぼします。また体内でその成分が蓄積してしまい、内臓機能への悪影響も懸念されています。 そのため国の方針としては喫煙を進めていないということに加えて、購入抑制という名目のもと税率が上がりやすい傾向にあります。 実際に増税に伴い禁煙を意識するようになったという人も多いです。少し前は300円台だったタバコも現在では400円台になっており、これからも増税が推移されます。それに伴い経済的な面で圧迫されることも影響して禁煙の割合が増えています。

しかしタバコの消費量自体は依然多く、日本での税金のうち数パーセントの割合を担っているとも言われています。増税に伴い、実際に年によっては年間のたばこ税の収入金額は二兆円を超えることもあると算出されています。 その背景には健康に被害が及ぶことに加えて金銭的負担が増しても禁煙ができないという人が多いということも示しています。

またストレス社会と呼ばれる現代ではストレス解消目的で喫煙を始める人もいます。そのため消費者の割合は増えていることと増税の背景とタバコの税金の仕組みが重なり、二兆円という大金が国に納税されているといえます。 また嗜好品ということで喫煙者にとっても依存状態にある人も多いです。簡単には禁煙はできない状態になっている人も多いことと、精神衛生を保つために健康を損なってもタバコを消費してしまうという声も寄せられています。 ストレス社会と呼ばれる現代では禁煙者が増える一方で喫煙を始めるものと、その消費量が増していくという推移もあります。しかし吸うことで得るメリットは少なく、デメリットの方が大きいことからもこれからも禁煙への取り組みは重要となっていきます。

海外に比べて日本のタバコ税率は低い

日本のたばこ税は国内の人にとっては高いと感じる人も多いですが、各国と比較してみると比較的安い傾向にあります。 例としてスウェーデンやフランス・オーストラリア・ニュージーランドなど多くの国ではたばこひと箱あたりの値段は日本円に変換して1000円を楽々と超えています。また国によっては1500円を超えているケースもあります。 各国でも日本同様に本体価格の中にたばこ税が含まれる仕組みをとっています。そのため具体的な税金の割合のパーセンテージを明確にすることは難しいですが、各国に比べると金額の面からみても日本のたばこ税は安いといえます。 しかしこれからも税率は上がっていくと推移されていくことに加えて、国の禁煙への取り組みも進むと予測されています。そのため今以上に税率が上がり、経済的負担を掛けてしまう可能性もあります。

またその時に健康を損なってしまい、仕事への支障や治療費などの費用も重なる可能性もあります。 そのためまだ各国に比べて税率が安い今こそ禁煙を始めるには良いタイミングともされています。禁煙方法も様々にあり、個人での取り組み以外にも医療機関での相談も可能です。そのため無理に行わずに着実に進めていくことで様々なメリットを得ることができると言えます。

禁煙効果に関する記事