禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

世の中の流れが禁煙に傾いてることは喫煙者の方はもちろん感じているでしょう。メリットはわかっているけど辞められない、どうすれば辞められるかわからない、喫煙を続けるデメリットは?などを始め、禁煙とその効果についてこちらで詳しく紹介します。

タバコを吸わなくても肺がんに!?受動喫煙の怖さとは

タバコ

タバコが喫煙者の体に悪いということは以前から言われていましたが、最近では受動喫煙の危険性が注目されるようになり、禁煙の場所も増えてきました。 受動喫煙とは、自分がタバコを吸わずに、タバコを吸う人の出す煙などを吸うことを指しますが、これによって有害物質が体内に吸収され、健康に悪影響が及ぶことが考えられます。 タバコには喫煙者が直接吸い込む主流煙の他に、タバコが燃焼するときに出る副流煙と喫煙者の息から出る呼出煙の3種類の煙がありますが、この副流煙と呼出煙は「環境たばこ煙」と呼ばれ、これらを吸うのが受動喫煙ということになります。 そして、大きな問題なのは、副流煙と呼出煙の中にタバコの有害物質が含まれているということです。

タバコの主要成分としては、ニコチン、タール、一酸化炭素の3種類が挙げられますが、これらはどれも健康に悪い影響を与え、病気を発生させる可能性も持っています。 例えば、ニコチンはコカインと同様の働きを持ち、毒性が強く短時間で吸収される成分です。 タールには毒性物質の他に発がん物質が含まれており、これを受動喫煙で吸収してしまうと肺がんになる危険性が出てきます。 しかもタールには有害物質が100種類以上含まれているとも言われているので、これを吸わないようにすることは肺がんの予防だけでなく、それ以外の多くの病気の予防にもつながると考えられます。 さらに、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合して酸素の運搬を妨害し、酸素欠乏状態を引き起こします。 そして、この状態になった場合は、心肺機能や運動機能が低下してめまいや倦怠感などが生じやすくなる他、動脈硬化や心筋梗塞などの怖ろしい病気を引き起こす可能性も出てきます。 また、女性の場合は特に、受動喫煙によって血流が悪くなり、代謝障害が起こることで生理不順になったり肌が荒れる他、不妊症や子宮がんになるリスクも高まると言われています。

そして、このような受動喫煙によって健康に悪影響を受けた結果、主流煙を吸わないにもかかわらず、肺がんや心臓病などで多くの人が死亡しており、厚生労働省によれば1年間に受動喫煙が原因で亡くなる人は15000人とされています。 以上のように受動喫煙は肺がんをはじめ、多くの怖ろしい病気を引き起こしたり、日常生活での悪影響が考えられるものなので、これを避けるようにすることが大切です。 また、これは呼吸障害を引き起こすものでもあるので、特に喘息などの持病を持っている人は喫煙者のそばに行かないように注意する必要があります。

受動喫煙があたえる子供への影響は深刻!

受動喫煙は妊婦にも悪影響を及ぼし、子宮外妊娠や早産、流産などを引き起こす可能性がありますが、生まれた後の子供にとっても非常に悪影響を及ぼす可能性が高いと考えられます。 特に乳幼児の場合には母乳を通して濃縮されたニコチンが体内に吸収され、それによって呼吸障害が起こり、気管支炎や喘息などになりやすいと言えます。 そして、この時期にそのような病気になってしまうと、学校に入学した後も呼吸障害によって学校生活に影響する恐れがあるので注意する必要があります。

さらに子供への影響としては、目のかゆみ、頭痛、吐き気など、日常生活に支障が出るような症状の他、小児がん、白血病、脳腫瘍など、死亡の可能性のある病気も考えられます。 また、乳幼児突然死症候群も、受動喫煙が影響する可能性があると言われてます。

このように子供の年齢に関わらず、受動喫煙は子供に悪影響を及ぼす可能性が高いので、子供がいる家庭では十分な受動喫煙対策を行うようにすることが大切です。 そして、子供のいる親達が喫煙をしている場合は、タバコの害が主流煙だけでないことを良く認識し、子供の健康のためにも禁煙外来などを利用したり、受動喫煙対策の情報を集めるようにすることをお勧めします。

禁煙効果に関する記事