禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

世の中の流れが禁煙に傾いてることは喫煙者の方はもちろん感じているでしょう。メリットはわかっているけど辞められない、どうすれば辞められるかわからない、喫煙を続けるデメリットは?などを始め、禁煙とその効果についてこちらで詳しく紹介します。

喫煙のヤニで部屋の壁紙が黄ばむ!退去時に問題に?

タバコに火をつける

タバコにはタールやニコチンというものが含まれており、タバコのパッケージにタールやニコチンの含有量の記載があります。 タバコに火をつけるとタバコの葉が燃え、煙に含まれるニコチンやタールを吸引することで、リラックス効果やストレスを軽減させる効果などが現れ、まさしくタバコが嗜好品であることは間違いないです。 タバコに含まれるタールは一般的に「ヤニ」と言われることがあります。 ヤニとは植物からとれる成分であり、タバコの葉に含まれる植物樹脂と考えられます。 ヤニは喫煙を繰り返すと歯や肺内に付着しますが、吸引後に吐き出す煙にも当然、ヤニが存在するため、住宅内で喫煙を繰り返すとお部屋の壁紙や天井、家具等のインテリアに汚れが付着します。 タール成分は長年で汚れが重なり合い、黄ばみとなります。 長年の黄ばみは落としにくく、株などの場合、重曹や洗剤液を使用して雑巾などで拭き取ればきれいに落とすことが出来るのですが、壁紙の場合はきれいにすることが難しいです。 とくに賃貸のアパートやマンション等では黄ばみが壁紙に付着するとクリーニング等で落とすことはできません。 賃貸物件の壁紙は一般的に高い材質の壁紙が使われておらず、バス・トイレ・洗面所以外の場所は耐湿用のビニール壁紙が使われることがないため、水分を多く含ませると剥がれの原因となり、むやみやたらに清掃ができません。 また、タールは重なり合うことで粘質を持つため、家具の汚れのように簡単に取り除くことはできず、汚れがひどい場合は貼り替えとなるでしょう。

ただ、賃貸物件の退去時に修繕という問題があります。 壁紙・襖・クッションフロア・畳など消耗品の使用劣化が生じている場合、退去費用としてそれぞれの修繕費用が求められることがあります。 消耗品交換やクリーニング費用に関しては退去時に様々なトラブルが発生しています。 賃貸物件の消耗品交換は、本来、大家さんが賃貸のランニングコストとして考え、利用者の退去時にクリーニング代や交換費用を求めることは原則禁止であり、これは法的にも利用者負担ではないこととなっています。 元々設置してある家具に喫煙によるタールによる著しい汚れがある場合は、クリーニング代金が求められることがありますが、長年使用による汚れは、ごく自然であり、賃料を受けて貸借契約を結んでいるため、収益から支払うのが筋です。 物件自体が経年劣化しますし、それを人に貸せばなおさらです。 但し、フローリングのキズや焦げ跡などは補修の対象となることがあります。

6年を経たない賃貸アパートの引き払いには注意

賃貸物件の貸借契約を交わす場合、もっとも注意しておくことは契約内容です。 契約書は不動産仲介業者が作成することが多いですが、この契約書の内容は大家さんと不動産業者に都合の良い内容となっています。 消耗品交換やクリーニング代金などの負担は退去時に契約者本人となっているケースが多いのですが、クリーニング業者や内装業者は不動産仲介業者が手配しており、リベートを受け取っているのです。 経年劣化で発生する費用は大家さんのランニングコストなので、これを契約者の負担にすることは違法です。 しかしながら契約書に署名、捺印があることで敷金等から差し引かれることがトラブルとなるケースは非常に多いです。 経年劣化と破損は別の概念となります。 フローリングやクッションフロアのタバコの焦げ跡は入居者の過失による原因であり、補修の対象となりますが、汚れは過失とはなりません。 焦げ跡やキズの補修費用は敷引とするのは良いですが、クリーニング費用は引けません。 とくに居住年数が短い場合は注意しましょう。 それほど汚れがない場合でも、交換費用が回収されることがあり、実際にはクリーニングのみで次の入居者を募集するケースがあります。 トラブルとならないためにも契約内容をよく確認しておくことが良いでしょう。

禁煙効果に関する記事