禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

世の中の流れが禁煙に傾いてることは喫煙者の方はもちろん感じているでしょう。メリットはわかっているけど辞められない、どうすれば辞められるかわからない、喫煙を続けるデメリットは?などを始め、禁煙とその効果についてこちらで詳しく紹介します。

喫煙はうつ病や精神疾患を悪化させる!その理由とは

頭を抱える男性

うつ病や不安障害などの精神疾患の場合は、喫煙率が高いと言われていますが、喫煙は精神疾患を悪化させるものなので、このような病気にかかっている人は特に禁煙することが大切になってきます。 喫煙が精神疾患に良くない理由としては、タバコに含まれるカドミウムが、脳の機能を悪化させ、攻撃的になるなどの症状を引き起こす可能性があるということが挙げられます。 また、喫煙をすると、一時的に気持ちが落ち着いたような気分になったり、集中力が出てきたりするので、特に精神的な症状で悩んでいる人達は喫煙を続けがちです。 でも、これを続けた場合はニコチン依存症になりやすく、タバコを吸わないとイライラしたり、集中できないなどの症状が出てきやすくなります。 さらに、タバコがないと落ち着かないような状態になっているときに急に喫煙を中止した場合は、「離脱症状」と言われるような不安感や落ち着きのなさなどが生じる可能性があります。 以上のように、喫煙は精神疾患を持つ人達に依存症のような症状を引き起こすという危険性がありますが、さらに脳内の神経伝達物質で、やる気を引き起こすとされるドーパミンを過剰に放出させることにもなります。

そして、この状態が続くと、喫煙者は自力でドーパミンを分泌できなくなり、その結果集中力や注意力がなくなり、無力感が生じるなど、精神面で辛い症状が出てくる可能性が生じます。 このように、喫煙は一時的には喫煙者をストレス解消になるような気持ちにさせることも可能ですが、長期的に見ればストレスを作ったり、うつ病などの精神の病気で苦しむ人達の精神的な症状を悪化させる危険性があります。 また、タバコを吸い続けると、予期不安やマイナス思考などが生じやすいと言われており、このような状態から精神の病気が発症してしまうことも予想されます。 以上のように、喫煙は精神疾患の場合には特に止めた方が良いと言えますが、タバコを吸い過ぎて依存症のようになっている場合は、反動が出ないように、その止め方には十分に注意することをお勧めします。

そして、そのような場合には禁煙外来に行ってみると、禁煙補助薬などを使って無理のない止め方を指導してもらえるはずなので、禁煙に成功する可能性が高くなるはずです。 喫煙は、続けているときは、タバコを吸わないことがストレスになりますが、禁煙に成功した場合はタバコを吸わないことがストレス解消につながります。 そのため、特に精神疾患の持病を持つ人は、医療機関に相談したり、禁煙外来を受診したりして禁煙を心掛けた方が良いでしょう。

統合失調症の精神疾患の人には喫煙者が多い

喫煙者は、うつ病などの精神疾患の患者に多いとされていますが、特に統合失調症の場合には他の精神の病気に比べても喫煙者が多いと言われています。 統合失調症の発症後は、かなり辛い症状が出やすいため、喫煙を行えば一時的にでも気分が安定するように思えるので、これに頼ろうとする場合が増えてくると考えられます。

また、統合失調症の場合はタバコを吸うことで、タバコに含まれるニコチンが治療薬の効果を低下させる可能性があるため、この病気の治療中の場合は、特にタバコを吸わないように注意することが大切です。 現代の医学の進歩により、統合失調症は治る病気になっているので、それだけに治療効果を上げるためにも、この病気の発症以後はタバコを吸わないようにした方が良いでしょう。 また、タバコを過度に吸うようになると、生活リズム自体が崩れがちになる可能性が高いので、禁煙ということにすれば生活習慣の改善にもつながり、本当のストレス解消にもなることでしょう。 そして、それによって、精神疾患の発症を防いだり、その症状を緩和することが可能になるはずです。このため、タバコに代わるような趣味や健康に良い食品などを取り入れて、タバコなしの健康的な生活を目指すことをお勧めします。

禁煙効果に関する記事