禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

世の中の流れが禁煙に傾いてることは喫煙者の方はもちろん感じているでしょう。メリットはわかっているけど辞められない、どうすれば辞められるかわからない、喫煙を続けるデメリットは?などを始め、禁煙とその効果についてこちらで詳しく紹介します。

大げさじゃない!!喫煙で歯が抜け落ちる!

驚く女性

喫煙は、口の中にも大きな影響を与えます。一番見て分かりやすいのは、ヤニによって歯が茶色になってしまうことです。しかし、多くの場合はヤニがついているから仕方がないと、そのまま放置されてしまいます。 喫煙の影響は見た目だけではありません。タバコには多くの有害物質が含まれていて、最初に入る口の中に入ることで、免疫機能を弱めてしまうことが分かっています。 免疫機能が弱ってしまうと、虫歯や歯周病といった口の病気になりやすくなるだけでなく、症状が進行しやすくなります。 喫煙が虫歯の原因になるとは考えにくいという人もいるでしょう。しかし、タバコには唾液の量を減らすという作用があります。食べたものや菌を洗い流してくれる唾液が少なくなると、口の中には乾燥し、汚れがたまりやすくなるので、虫歯になってしまいます。

さらに歯周病との関係も深いです。歯周病は歯茎の腫れや、歯を支える骨を溶かす病気で、最終的に歯が抜ける原因になります。タバコを吸っていると、歯茎の腫れが分かりにくくなり、初期段階で気づかず、どんどん悪化してしまいます。 免疫機能が弱っているので特に進行しやすく、喫煙していない人に比べると、歯周病の悪化がひどくなり、歯が抜ける確率が高まっていきます。 口の中が乾燥するというのは、菌の繁殖を助けることになります。虫歯や歯周病の菌が増えてしまう環境です。乾燥が進むと、菌の繁殖が強くなります。タバコを吸うことで、口の健康を阻害していることが分かります。 また、進行性の歯周病を加速度的に悪くしてしまうことで、気付いた時には重症化しているということが多くあります。本来なら、歯茎の腫れや歯磨きの際の出血などの自覚症状があるのに、タバコの作用により気づかない間に進行していくからです。 もし、歯が最近伸びてきたように感じたりしたら、それは歯周病が原因です。歯を支える骨が吸収され、歯茎の位置が変わるために、歯が伸びたように見えるからです。 本来なら骨に埋まっている部分が出てきてしまうので、歯がグラグラしたり、浮いた感じが出てくるようになります。 この状態を放置していると、歯は抜け落ちてしまいます。歯周病だけでなく、虫歯の進行もあると口の中では歯が抜ける可能性が高まります。1本だけでなく、同じ喫煙の環境の中にある歯ですから、同時に何本もグラグラするということがあります。 そうすると、食事にも困り、発音にも問題が出てきます。

タールが歯石をつきやすくする原因に!

タバコの中にはタールという物質が含まれています。タールは発がん性だけでなく、着色性を持つ物質で、ヤニとも呼ばれています。歯の表面に付くことで、茶色になっていくのはタールが原因です。 タールが付いた歯はザラザラになり、歯ブラシで落とすことはできません。 ザラザラした歯というのは、汚れが付きやすい状態になっています。そのため、歯石がたまりやすく、菌とって活動しやすい状態になります。 歯石の前段階である歯垢は歯ブラシで落とすことができますが、歯石になると固く沈着しているので磨いても落とすことはできません。歯科医院で専用の器具を使って落とす必要があります。 さらに、タールの持つ発がん性によって、口腔がんという口の中のがんになる可能性が高まります。口腔がんは、歯茎や舌といった部位のがんです。

喫煙者とそうでない人では、口腔がんになるリスクが7倍も高まります。数本数が増えれば増えるほど、そのリスクは高まっていくので注意が必要です。 さらに、タールは歯茎にも沈着することが分かっています。健康な歯茎はピンク色ですが、タールが沈着することで黒ずんでしまい、見た目も悪くなります。タバコは口の健康を阻害するだけでなく、審美性にも悪い影響がでます。

禁煙効果に関する記事