禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

世の中の流れが禁煙に傾いてることは喫煙者の方はもちろん感じているでしょう。メリットはわかっているけど辞められない、どうすれば辞められるかわからない、喫煙を続けるデメリットは?などを始め、禁煙とその効果についてこちらで詳しく紹介します。

禁煙成功者が喫煙、実感した効果とは

禁煙出来て快感に目覚めた男

近年は世界的な傾向として、先進国においてはタバコがネガティブなものと見られ、反対に発展途上国では喫煙率が大きく上昇している、というものです。 先進国においては、喫煙は本人だけではなく煙草を吸わない周囲の人にも健康被害が起こることが認知され、テレビCFの規制、スポーツ協賛への規制、医療費上昇の原因になるなどの様々な啓発活動などの効果によって、喫煙率は下がり続けています。反対にタバコメーカーはこうした規制のない発展途上国に展開し、こちらもまた逆の意味で効果が出ています。 企業などでも従業員の喫煙率が高いと生産性の低下や時間の浪費に繋がるため、喫煙場所は制限され、しかもガラス張りになって周囲から見えるようにしている所も増えました。 公共施設では敷地内は全面禁煙が促進され、飲食店では分煙が常識となっています。 かつてサマセット・モームは『人間の絆』の中で喫煙を「習慣の奴隷」と表現しています。一般に意思弱き人がタバコをやめられない言い訳として首肯できるものと言えるでしょう。

さていったん禁煙に成功した人でも、例えば酒の席でふざけて一本吸ってしまったがために、再びタバコが止められなくなるという事実があります。 久しぶりのタバコは、最初のひとくちこそ、そのあまりの金属的な鋭過ぎる味や臭いに一瞬辟易しますが、愛煙家時代の感覚はすぐに蘇って、次の一本、更にその次の一本を求めるようになるのです。 つまり習慣的にタバコを吸っていた時のようにその味に目覚めてしまい、客観的に考えれば美味しくないと思ってもそこに安らぎを感じてしまうのです。またタバコを吸うとおおむね体重が減りますが、喫煙を再開して太るとそれが禁煙のせいであったかと考える人もいるでしょう。

初めて煙草を吸ったとき、人は普通その美味しさよりもマズさに驚くものです。どうして人はこんなものを普通に、しかも毎日大量に吸えるのか、と思います。しかも経済的にも近年は値上げ続きで嗜好品としては相当高額つまり経済的浪費になっています。 その理由は、味のおいしさが気に入っているというよりは、依存性にあるのです。 タバコのニコチンが体内に入ってくると安心し、しばらく吸わないでいるとニコチンに渇望するようになってしまいある種の飢餓感が嵩じて、再びまた喫煙によって落ち着くという実感が得られるというものです。 モームの「習慣の奴隷」というのは正しい指摘だと考えられます。 愛煙家は、タバコを吸うと疲労回復が得られるとか集中力が戻るなどと言いますが、その疲労回復・集中力は何を錯覚してのものかは明白です。 そのように考えると、お遊びでその場限りの一本、というのは禁煙者にとって極めて再発の可能性の高い機会となります。反対にそうしたお遊びを徹底的に避け続ければ、禁煙の成功率は格段に高くなります。

禁煙成功者が語る禁煙効果の実体験

反対に禁煙が成功してその状態が継続している人には、煙草を吸っていた頃とは打って変わった快感に目覚めます。 禁煙効果として実感されるのは、ぐっすり眠れる・目覚めがよい・疲労回復・遠くまで見通せるかのような感覚が得られる、などです。 また他人のタバコが嫌な臭いに感じられるようになる、家族からタバコ臭いと言われることがなくなる、お金や時間を浪費しないですむ、などを実感する結果、タバコというもののネガティブ性を認識できるようになります。

更にもうひとつの効果として、人によっては食べ物のおいしさが本当にわかるようになった、と言います。タバコの煙は舌の味覚細胞を破壊しますので、これは当然のことでしょう。 ただしその結果食が進んで太るということをいう人もいますし、タバコがダイエットに繋がると考える人もいますが、だからといってタバコが健康に悪い事実は変わりませんし、禁煙のネガティブ効果とするのは間違っています。 タバコをやめて本当に太るのなら、カロリーや運動量が適切かどうかを検証すべきです。 もう少し哲学的な考えができる人であれば、タバコへの依存性を客観的に捉え、こんなちっぽけなものに自分が支配されてたのか、と実感するはずです。つまり依存性・「習慣の奴隷」への嫌悪の感情を持つに至るのです。

禁煙効果に関する記事