禁煙の効果で変わるあなたの未来の姿

世の中の流れが禁煙に傾いてることは喫煙者の方はもちろん感じているでしょう。メリットはわかっているけど辞められない、どうすれば辞められるかわからない、喫煙を続けるデメリットは?などを始め、禁煙とその効果についてこちらで詳しく紹介します。

電子タバコは有害?無害?安全性は?

電子タバコ

最近は電子タバコについての安全性について議論がなされることが多くなっています。そこで、電子タバコについて考えてみますと、この安全性については、今は検討中でわからないというのが結論です。 データによる検証がなされていませんから、安全だと言い切れるものではないということです。 そもそも電子タバコという名前になっていますが、紙タバコとは全く違ったものですから、同じタバコという言葉にしてしまった事が誤解を生みやすくなっている元ともいえるかもしれません。 全く違うものとして両者を比較するようする必要があります。似て非なるものであるということです。 有害物質の有無に関しても電子タバコはまだまだ検証しきれていないことが多くあります。ただ、これまでの紙タバコで有害とされていたニコチンであったり一酸化炭素、タールなどがないという意味では紙タバコの有害物質がなくなってるということはいえます。 その代わりに紙タバコにはなかったホルムアルデヒドなどの物質が入っているのではない、電子化されたことによる新しい材料に有害物質はないのかという不安は残ることになります。 つまり、これまでにない全く新しいものですから、有害かどうかわからないものも入っている不安があるということになるというわけです。 これまで紙タバコに入っていた有害物質の代表的なニコチンや一酸化炭素、タールなどは電子タバコにはありませんから、こうした意味では安全性が高くなっていると考えることは出来るかもしれません。

ただ、電子タバコと紙タバコは全く違うものですから、これまであったニコチンや一酸化炭素、タールなどの有害物質がないことをもってして、単純比較で安全だということはかなり難しいということがいえます。 肺がんなどの病気にかからなくなる、若しくは肺がんや病気にかかりにくくなるのかどうかは、これからの検証結果を見て判断する必要があることといえるでしょう。 電子タバコはこれまでになかった全く画期的なものですから、とにかくわからないことが多いということですから、安全だと言い切れるものではないということです。

電子タバコと紙たばこのメリットとデメリットは何?

一般的な電子タバコは紙たばこに比較すると有害物質がないので健康的だと考えられるところがメリットといえるでしょう。これまでの紙たばこで肺がんや病気になると考えられていた要因がかなりなくなっていることはメリットだと考えられます。 ですが、リキッドの中にどのような物質が入れられるのかはメーカーによって異なります。 何を入れてよく、何を入れたらいけないのかなどの法整備は全くないといってもいいのが今の現状ですから、安全性はメーカーの信頼に依存することになっているのが現状ということになります。 これはかなりのデメリットと考えられます。メーカーが使用した人の健康に対して責任をとることは考えにくいですから、電子タバコを吸うことによる健康被害については自己責任ということになります。

また、タバコでは気になる周りの人に付いての健康被害についても、電子タバコは紙タバコよりは被害はないであろうとも考えられますが、人は呼吸をしているわけですから、全くの無害かどうかとなると、これも未検証でわからないというのが現状です。 紙タバコよりは被害は少ないと思われるところはメリットともいえるかもしれませんが、どういう被害があるかわからないというのはデメリットと考えられます。

禁煙効果に関する記事